About 会社概要

Message

常に自分との戦いだった陸上時代。夢中になって打ち込んだギター。
がむしゃらに働いた会社員時代。この会社を立ち上げるまでの軌跡。
生きている。と実感するのはとにかく熱量が高かった瞬間でした。


そして、そこにはいつだって信頼できる仲間(家族、同僚、先輩、後輩)がいました。
今の私をつくっているのは、まさにその様々な人との出逢いや思い出の一つ一つです。
そして、これからのワクワクするような未来の予定も私の人生の大事なピース(一片)です。
夢中になれるもの、こと。一緒に夢中になれる仲間。
これらは、人生を謳歌するうえで欠かせないものだと感じています。


世界中の人々が「1日1日」人生を謳歌
する社会。

そこには、ものすごくポジティブな世の中が待っていると私は信じています。
楽しい1日だって、辛い1日だって、平凡な1日だって、
1日1日を意識することで見えてくるものがあり、また、何かに向かっている1日でもある。
そんな日々の積み重ねこそが、貴方だけの人生(ストーリー)です。


世界中の人々が「1日1日」人生を謳歌する社会。
そんな社会の実現に向かって、私達は夢中になって活動していきます。


代表取締役

PROFILE

代表取締役/CEO/Founder

進藤 貴史

Shindo Takashi

2010年、楽天株式会社に新卒入社。広告部署でのオペレーション、BPO、BPR等からキャリアをスタートさせる。
2014年にはADNW、DSPのプロダクト担当として商品企画、販売業務に従事。その流れで、中小企業向けの広告プロダクトチームを統括。
2017年に東洋経済新報社に入社し、オンラインメディアのSSP領域から 法人広告営業、商流開拓、商品開発と、幅広い業務領域を手がける。
新商品開発の流れで、自身の想いを託した新サービス開発に想いを寄せ、2019年8月に「Dearliy」を立ち上げる。


Dearliyが目指していることについて、代表の進藤がコメントしています。

Forbes JAPAN CAREER掲載記事もご覧ください。

Corporate Identity

Corporate Name

Dearliyは、「Dear Life Diary」「大切な人生を記すもの」
という言葉を組み合わせた造語です。

Dearliyが目指すVision
世界中の人々が「1日1日」人生を謳歌する社会の実現
このVisionの実現に向けて提供する、人生(過去・現在・未来)を詰め込むサービスそのものを表現する言葉として、Dearliyという言葉は生まれました。

この大切な言葉を、社名としても掲げます。

Corporate Color

昼と夜をイメージした、暖かさと落ち着きを表現した二つのパターンで色を採用しています。
また、二つのカラーバリエーションの存在は、「二面性」を表現しています。
「二面性」は、Dearliyとして重要な意味合いを含んでいます。

Company Outline

社名Dearliy株式会社 (ディアリー / Dearliy Inc.)
設立2019年8月6日
資本金2,019,620円
事業 ITサービス事業
-ライフログアプリ「Dearliy」の企画・開発・運営

IPビジネス事業
-キャラクター・ストーリーコンテンツを軸とした各種IPビジネス

コンサルティング事業
-新規事業創出を目的としたコンサルティング事業

デザイン事業
-WEBサイト制作や資料作成、ストーリー戦略に基づくブランドデザイン事業
取引金融機関 三井住友銀行 生田支店
川崎信用金庫 登戸支店
顧問税理士税理士法人ブラザシップ